新築時の屋根の材質について

自宅を建てる際に、夫のこだわりで、ガルバリウム鋼板の屋根にしました。私自身は、屋根の材質にも種類があるということさえ気がまわらず、色をどうするかという外観しか考えていませんでした。工務店の方のお話でも、屋根の材質を指定する人は少数派だそうです。夫は、リフォームをしたという職場の同僚からガルバリウム鋼板の屋根を勧められたそうです。新築の家の場合、屋根は、そこそこ耐久性があり価格も安いため、スレート瓦を使うことが多いようです。ガルバリウム鋼板は、耐久性、防水性、耐震性、耐火性と、どれも優れていますが、スレート瓦よりも価格は高くなります。が、メンテナンスの費用が抑えられるというメリットがあるそうです。また、断熱効果が高いので冷暖房費の節約にもなる、と夫は力説していました。建てた家は1軒だけなので、実際どれくらい費用に差が出ているのか、本当にお得だったのか、比較はできませんが、予算に余裕があるなら、屋根の材質にこだわってみてもよいと思います。